FC2ブログ
2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.10.13 (Mon)

三面記事小説 角田光代

実際の三面記事を元ネタとした短編集。
物語はフィクションだけど、本物の三面記事っていうのが面白い。
三面記事って「いやー馬鹿なことするなぁ」だったり、「あーこわいこわい」って感じで、
自分には全く関係ない遠いどこかで起きた事件だと思っていたが、
これを読んでいると、いつ自分が関わってもおかしくないなと少し青くなります。

要塞のような家に引きこもる姉夫婦を描いた”愛の巣”、
ネットで付き合っている男性の妻の殺害を依頼する”ゆうべの花火”。
どの話もフィクションなのか?と疑いたくなるようなドロドロ具合と読後のモヤモヤがすごい。

最後の”光の川”は、ひとごととは思えずちょっと落ちました…。
いつか自分もこういう日がくるのかな。

★★★★☆


スポンサーサイト



22:49  |  角田光代  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.13 (Mon)

予定日はジミー・ペイジ 角田光代

日記形式でつづられる妊娠~出産までの物語。
主人公のマキは、妊娠がわかってもなかなか心から喜べない。
望んでいない妊娠なわけじゃないのに、夫の喜びとの温度差に戸惑う。

つわり時期に何でも舐めたくなる症状にとまどいながらも、
何とかマタニティライフを楽しもうとするマキだが、
病院のすすめで行った母親学級でも、やっていることに馴染めない
テンションあがらず・・・。
しかし、ネットや母親学級で自分と同じような感覚の妊婦と出会ったり、
元彼と会うことによって徐々にマキは変わっていく。

とにかく描写がリアルで、作者の角田光代は妊娠したことないのに
すごいなー!と変なところに感動。
出産経験のある人もない人も、切なくなったりうれしくなったりしながら読める物語。
妊娠って神々しいとは全然思わなかった私も、
これを読んで妊娠するのも悪くないなーと思えました。

自分が妊娠したときにもう一度読んでみたい!

★★★★★


22:29  |  角田光代  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |