2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.04 (Mon)

女流阿房列車 酒井順子

鉄道よ、わたしを何処へ運ぶのか。
乗ってるだけで幸せな、「乗り専」女子鉄・酒井順子が、
マニアはうなり、人はあきれる、艱難辛苦旅にいざ出発。
(「BOOK」データベースより)


・メトロな女(東京の地下鉄全線完乗16時間22分)
・鈍行列車の女(24時間耐久 1343.9km)
・秘境駅の女(「鉄子の旅」同乗記)
・「鉄子の旅プラス」
・膝栗毛な女(東海道五十三乗りつぎ)
・トロッコ列車の女(紅葉独り占め京都「鉄学」の道)
・9 to 5の女(根室本線宮脇俊三さんに捧げる寝ずの旅)
・廃線跡の女(日傘片手に北陸本線旧線を歩く)
・こだま号の女(東京~博多10時間半)
・スイッチバックの女(信越本線・篠ノ井線「スイッチバック銀座」)
・旧国名駅の女(四国巡礼「お線路さん」の旅)
・鉄と油の二泊三日(九州一周揚げ物紀行)
・徐行列車のふたり(秋田周遊車窓対談 原武史×酒井順子)



以前読んだ女子と鉄道以来2冊目の酒井さんの鉄本。
もーとてつもなくバカバカしいんだけど、面白い。
飛行機でひとっとびできるところに、時間をかけて電車で行くっていうのは
究極の贅沢ですねー。
こんだけ長く乗るとさすがに辛そうだけど…。
普段は電車に乗るとすぐ寝てしまう酒井さんも、今回は寝ずの旅に
挑戦したりと「鉄度」も高くなっているような。

メトロな女と、膝栗毛な女が特に面白かった。
普段なじみのある地下鉄だけど、やっぱり用がないと乗らないですよ。
16時間も乗って結局東京近郊から出てないっていうバカバカしさ!
さすがです。

達成したときにホームで待ってくれてる編集者の人たちもナイス。
とっても楽しい1冊でした。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
15:57  |  酒井順子

2009.10.22 (Thu)

黒いマナー 酒井順子

・おつきあいのマナー
・季節のマナー
・関係性のマナー
・危険なマナー

マナーって難しい。
若いうちは間違えたマナーは誰かが指摘してくれたけど、大人になると
あんまり指摘してもらえなかったりして、後で気づいて青くなるなんてこともあります。
で、やっぱり人のマナー違反も不快に思いながら指摘できない。

「黒い」マナーだけど、そんなに黒くはないかな。
うんうん、わかるっていうのがちらほら。

メールとか年賀状のマナー、注意のマナーは結構頷けました。
普段人に注意することってあんまりないから余計なのかもしれないけど、
人に何かを指摘するっていうのは難しいもんです。

人のフリ見てわがフリなおせ。
気をつけたいものです。

酒井さんらしい「黒さ」がもうちょっとほしかったな。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


※今週引越しをして、まだネット環境が整わないのでまとめての更新となってしまいました。
しばらくは不定期になってしまいそう。でも見捨てないでくださいね(涙)

20:45  |  酒井順子

2009.10.07 (Wed)

たのしい・わるくち 酒井順子

他人の悪口って、いけないこと。
でもいけないことって、甘美なんですよねー。

・美人のわるくち
・やり手のわるくち
・大人のわるくち

の3部構成。
酒井さん独自の切り口で、「悪口」っていう本来なら咎められそうなことも
ここまで言ってもらえると逆にスッキリ!です。
私は男性からあんまり悪口っていうものを聞いたことがないんだけど、
やっぱり男性でも言うもの?ですよね?きっと。

でも悪口っていうのは断然女性に多いと思います。
仲間はずれにされるのが嫌っていうのもあると思うし・・・。
悪口なんて言ったことがないっていう人がいたらお目にかかりたい。

でも「たのしい・わるくち」だけあって、悪口特有の陰湿な感じとか不快感は
全然ないです。納得!と思えるのもあって面白い。

酒井さんの悪人っぷりに、わが身を振り返ってドキッとします。


★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
14:30  |  酒井順子

2009.09.24 (Thu)

女子と鉄道 酒井順子

茶道、華道、鉄道!-女子にも乗れる鉄道入門-

やー!こんな本を今まで見逃していたなんて・・・。

ホンモノの鉄さんたちが見たら完全に物足りないような気がする
ゆるめの女子のための鉄道入門。
そのゆるさがちょうどよく、楽しく読めました。

私もなにげに鉄道好き。
何がきっかけかといえば、以前の職場に鉄道男子が多かったことです。
初めて一人旅をしようと思った数年前、新幹線で行くのは味気ないと思ったので
なんかいいルートはないか?と相談したときに全員がマイ時刻表を取り出して
調べてくれたのには、危うく惚れそうになりました・・・。
そのあとも夜中に撮影に行ったり、青春18きっぷを使ってみたり、
色々楽しかったな~。

という記憶を呼び覚まさせてもらいました。

寝台車やSLといった王道記事、なじみのある山手線、はては女性専用車両について
まで幅広く紹介したオールマイティーな1冊。
ノン鉄な人にも楽しめそうです。

実際に鉄道に乗ってこれ読みたいなー。
もちろん朝の満員電車なんかじゃなくて、ボックスシートで!

鉄分高まりそうです。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


23:51  |  酒井順子

2009.05.16 (Sat)

女も、不況? 酒井順子

100年に一度の大不況。
かく言う私も、その煽りをモロに喰らっています・・・。

で、久しぶりに酒井順子さんのエッセイを読んでみました。
不況を生き抜くために?みたいな感じではないような気がするんだけど、
相変わらず面白いです。

ハゲと結婚適齢期
「お通夜不倫」というスタイル
なぜ妻は、夫の死を願うのか?
元彼の余命
などなど・・・

やっぱり笑える。で、元気になれます。
落ち込んでばっかりいてもしょうがないもんねーと思わせてくれる何かがある。

ちょっと熱く語っている”子供は座っちゃダメー!”にも激しく同感!

あースッキリした。

★★★★★



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
09:01  |  酒井順子
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。