2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.11.28 (Fri)

明日の記憶 荻原 浩

最近物忘れがはげしいな、そう感じていた主人公の佐伯は
ある日突然若年性アルツハイマーの宣告を受ける。
日々失っていく記憶。忘れたくない。
せめて娘の結婚式までは広告代理店の営業部長のままでいたい。
部下や取引先に悟られまいと、メモでポケットをパンパンにする毎日。

家族すら忘れてしまう、自分が自分でなくなってしまう。病気の恐ろしさとともに、
今の自分は永遠ではないということを考えさせられました。
ラストは特に感動です。

★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
10:46  |  荻原浩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.14 (Tue)

あの日にドライブ 荻原浩

主人公の伸郎は、大手なぎさ銀行をリストラされて、タクシードライバーをしている。
過去の栄光にこだわってばかりいて、毎日を「こんなはずじゃなかった」と
思いながら生きている。
タクシードライバーは仮の職業。なのでやる気もない。
だからといって見返してやる!と息巻く気力もない。あるのは妄想力ばかり。
しまいには大学時代の彼女の実家でストーキング行為をする始末。

あの日会社を辞めていなければ。
伸郎のあの日とは。


伸郎のネガティブさに若干イライラしつつも、徐々に変わっていく彼に
親近感が湧いてきます。
読後は結構スッキリ。

★★★☆☆


00:12  |  荻原浩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。