2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.19 (Mon)

なにもいらない 吉川トリコ

甘いもの、お洋服、雑貨etc…「好きなものは三秒でわかる」
主人公田嶋ココロは、ほしいと思ったら手に入れないと気がすまないお姫さま体質。
そんな彼女が、ある雨の日に、下水道のにおいが漂う町で好きなひとを見つけてしまう。
彼の名前は沢村シュウ。インディーズバンドSUPERNOVAのボーカリスト。
「好きになったので、わたしのものになってください」
会ったその日にシュウに告白するココロだが、「あ、無理」と瞬時に玉砕。
それでもシュウをあきらめきれないココロは、猛攻撃をしかけまくるが―。
内容(「BOOK」データベースより)



久しぶりの吉川トリコさんです。

お姫様体質のココロは周りからイタい目で見られちゃうような女の子。
好きになった沢村シュウにはコテンパンにフラれてしまうんだけど、
それでもほしいものはほしい!と突っ走る。

こんなに突っ走れるほど好きになれる人ができたら幸せだよなー。
もうとてつもなくかわいいです。
健気で一途で。
それに引き換え沢村シュウの冷たさといったら・・・。
でもこの二人の温度差がだんだん縮まっていくところが
読んでいてキュンとなってしまいました。

ミチオも結構好きだったなー。いい男だよ!

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
15:00  |  吉川トリコ

2010.06.17 (Thu)

ヤングアダルト パパ 山本幸久

夏休みもあと数日。
中学2年生の静男は、生後5ヶ月の赤ん坊を負ぶり保育所を探していた。
10以上年の離れた花音と恋をして、優作が生まれた。
しかし彼女は幼い父子を残し、消えてしまったのだ。
もうすぐ二学期が始まる。急がなきゃ。
しかし、中学生の保育所探しはどこからも相手にされない。
途方に暮れながらそれでも、静男は優作を守ろうとするのだが…。
14歳の父、5ヶ月の息子、幼い父子の、家族物語。
内容(「BOOK」データベースより)



読みやすくて2時間ほどで読破。

静男の同級生たちが助けてくれたり、理解のある大人も出てくるんだけど、
肝心な花音さんが最後まで姿を現してくれなかったのが残念。
ハッピーエンドで終わることを期待してたんだけどなぁ。
いくらなんでも無責任すぎるでしょ。
静男が大人にならざるを得ないのがかわいそうでした。

もうちょっと現実的、且つ、希望の持てる話だったら良かったな。


★★☆☆☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





19:00  |  山本幸久

2010.06.11 (Fri)

愛は苦手 山本幸久

“アラフォー”って自分では笑って言えるけど、他人にそう呼ばれると、なぜか嫌。
20代はみんな私に優しくて、30代も大丈夫と思ってて。
でも、気がついたら前に進めないよ…。
愛についてふと考える彼女たち―連作短篇集。
内容(「BOOK」データベースより)



アラフォーにはちと早い私ですが、共感できるとこいっぱい。
”中堅どころ”の年齢って社会の中での関係もそのときどきによって変化する。
でもまだまだこれから!
いくつになっても悩みながら人は前に進んでいく。


楽しく、時に笑って、時に考えて、最後に元気をもらった1冊でした。


★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

15:59  |  山本幸久

2010.05.28 (Fri)

失恋延長戦 山本幸久

全力で片思い、しちゃいました!

苦しくって、ちょっぴりはずかしい……
そんな不器用で切ない日々をかろやかに描く青春ラブストーリー!

女子高生の米村真弓子は、放送部で一緒になった同級生・大河原くんに
片思いの日々を送っていた。告白したいけどできない、
そんな真弓子を見守っているのは犬らしくない犬・柴犬のベンジャミン。
真弓子の大切な話し相手だ。
そしてもう一人、真弓子を放っておかない存在が、
なぜか彼女をライバル視する同級生のゲロサキこと藤枝美咲。
自分の思いを口にできない真弓子に対して、我が道を突き進む、ちょっと?KYな女子だ。
高一、高二、高三、そして卒業後…一途に恋心を抱きつづける真弓子。
その思いにまったく気づかない大河原くん。寄り添うベンジャミン。
騒ぎを持ち込むゲロサキ。やがて大河原くんには年下の彼女ができて……。
海と山に囲まれた地方の町に暮らす、まじめで奥手の女の子の、
不器用で切ない日々をかろやかに描く、なんだかとっても素敵な青春ラブストーリー!!
(内容紹介)


山本さんお久しぶり。やっぱり安心して読めます。
真弓子のウブさと健気さがかわいかったな~。

かわいいかわいいラブコメディって感じで読んでいたんだけど・・・
最後の最後にやられました。
ベンジャミン…。

ずるい!泣いてしまったじゃないか(涙)
長い長い恋は、真弓子だけのものじゃなかった。

藤枝の強烈キャラが結構好き!
もっと絡みが見たい。


★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

10:15  |  山本幸久

2010.03.19 (Fri)

パレード 吉田修一

都内の2LDKマンションに暮らは男女四人の若者達。
「上辺だけの付き合い?私にはそれくらいが丁度いい」。
それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで
優しく怠惰に続く共同生活。
そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め…。
発売直後から各紙誌の絶賛を浴びた、第15回山本周五郎賞受賞作。

内容(「BOOK」データベースより)



だいぶご無沙汰の更新となってしまいました。
最近は少しずつ読書を再開し始めているものの、なかなか感想までは書けず…。
これからものんびり更新になりますが、どうぞお付き合いくださいませ。

で、吉田さんのこの作品。
なぜか今まで読んでいなかった。見落としてた?
文庫出ていたので久しぶりの自腹本です。


途中までは何の変哲もない若者たちの同居生活?って感じだったんだけど、
最後の最後で怖っ!
読み始めは平凡な話なのかと思っていたのに、完全に裏切られました。
解説で川上弘美さんが書いてるけど、これは何度か読み直したほうが
より楽しめそうです。
何度も楽しめる作品って、なんだかうれしいです。


パレード(映画)のサイトでキャラクター診断がありました。
http://movie.nifty.com/sp/parade/
こちらもお試しあれ。



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


20:05  |  吉田修一
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。