2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.25 (Fri)

アンダスタンド・メイビー 島本理生

「おまえは俺のこと、見つけられるって」少女は踏み込んだ、愛と破壊の世界へ。
デビュー10周年記念書き下ろし作品。
内容(「BOOK」データベースより)



重くて苦しくて切なくて。
でも後半になればなるほど読むスピードが加速。
黒江の危うさに読んでいるこちらまでビクビクしてしまう。
「あーついてっちゃダメ!」と
何度思ったことか…。

下巻は上巻での謎が一気に解ける感じ。
黒江の心に影を落とした出来事や、
それに向き合っていくことを決めた黒江の成長。
辛すぎる現実が待っていて読んでいて痛くて痛くて
苦しくなったけど、未来に希望が持てる最後で良かった。

数々のどうしようもない男たちと大人がいて、
どうして黒江はこんなに不幸なんだ、と思ったけど、
でも神様はちゃんといたんだ。

個人的には光太郎が一番好きでした。


★★★★★






ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
22:18  |  島本理生

2011.03.18 (Fri)

おしまいのデート 瀬尾まいこ

いろんな形の「デート」、あります。
祖父と孫、元不良と老教師、特に仲良くもない同じクラスの男子同士、
協力して一緒に公園で犬を飼うOLと男子学生。
何気ないのに温かい人と人のつながりを軽やかに描く、5編収録の作品集。
(内容紹介)



●おしまいのデート
●ランクアップ丼
●ファーストラブ
●ドッグシェア
●デートまでの道のり

ほほえましかったり、ちょっと切なかったり
さまざまな「デート」。
瀬尾さんらしい心があったまる優しいお話です。

特に「ランクアップ丼」「ファーストラブ」「デートまでの道のり」が良い。

ランクアップ丼の上じい、こんな先生いたらどんなにいいだろう!
ちゃんと生徒のこと見てて、でも押し付けがましくない。
二人で食べる玉子丼、きっとすごくおいしいんだろうな。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



11:00  |  さ行その他

2011.01.24 (Mon)

さくらの丘で 小路幸也

“さくらの丘”を満ちるたちに遺す―。
遺書には、祖母が少女時代を送った土地を譲ると書かれていた。
一緒に渡されたのは古びた鍵がひとつ。
祖母の二人の幼なじみも、同じメッセージをそれぞれの孫たちに伝えていた。
なぜ、彼女たちは孫にその土地を遺したのか。
鍵は何を開けるものなのか。
秘密をさぐりに三人の孫は、祖母たちの思い出が詰まった地を訪れた―。
三人の少女たちの青春が刻まれた西洋館、
そこを訪れた私たちが見た光景は―二つの時代が交差する感動の物語。
内容(「BOOK」データベースより)



古い洋館と残された謎の鍵。
祖母たちからのメッセージ。
なんだかワクワク。

ただ、その裏には忌まわしき戦争がある。
大切な人たちを失う悲しみがある。
重いテーマだけど、そこは小路さんなので暗いだけではなく
優しさもしっかり詰まってました。

またまた悪人なし。
祖母たちの時代にも、孫たちの時代にも、
優しい人たちばっかりなんだよなー。
極悪人が出てくる小路作品ってのも読んでみたい気がします。

ラストがちょっと駆け足気味で終わってしまったのが残念。


★★★★☆




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




20:07  |  小路幸也

2010.08.18 (Wed)

真綿荘の住人たち 島本理生

レトロな下宿「真綿荘」に集う人々の恋はどれもままならない。
超絶に性格の悪い美女に駆け落ちを迫られる大和君、
彼に片想い中だが先輩に告白されて揺れる鯨ちゃん、
女子高生の恋人の一途な愛情表現に戸惑う男嫌いでクールな椿。
そして、大家で小説家の綿貫さんは、17年前ただ一度自分を抱いた男・晴雨(せう)
を内縁の夫と呼ぶ――。
『ナラタージュ』の著者渾身の恋愛小説。
自分だけの至上の相手を貪欲に求める、熱い恋のあり方に心震える傑作です。
(内容紹介)



読み終わった後はちょっと切なくなるのは、いつもの島本さんらしさ。
静かでいてどこかに芯があって力強い。

たくさんの登場人物が出てくることもあってか、今までの作品に
プラスα奥行きがあったように思います。
今までで一番好きかも。

ラストの綿貫さんと晴雨さん、束縛というかたちで築く愛もあるんだな、と。

でもやっぱり天然キャラで憎めない大和君が一番好きかなー。
晴雨さんは私にはちょっと世界が違いすぎてとっつきにくかった。
これからオトナに成長していく大和君が微笑ましくもあり、
なんだか見守っていきたくなりました。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



18:08  |  島本理生

2010.08.17 (Tue)

僕は長い昼と長い夜を過ごす 小路幸也

ミステリ・青春・家族etc… 少し奇妙で胸を打つ小路ワールド最新作。
僕の一日は五十時間起きて二十時間眠る。
拾った二億円と謎の〈種苗屋〉ナタネさん。奪還屋、強奪屋。
非二十四時間睡眠覚醒症候群。
15年前、強盗に殺された父親。ゲームプランナーとしての経験。
すべてのピースを活かして、周りのひとたちを守るんだ。
50時間起きて20時間眠る特殊体質のメイジ。
草食系でのんびりした性格に反し、15年前、父親を殺されたというハードな過去の持ち主。
現在はゲームプランナーをしつつ、体質を活かした〈監視〉のバイトをしている。
だが、そのバイトのせいで二億円を拾ってしまい、裏金融世界の魔手に狙われる羽目に。
メイジは戸惑いながらも知恵と友情を武器に立ち向かうが、
この利とも枷ともなる体質が驚愕の事態を招く。
(内容紹介)



小路さんの作品に出てくる登場人物ってどうしてこうも魅力的なんでしょうか。
壮絶な過去を持っていても、メイジはこんなにもまっすぐに育つなんてー。
できすぎ!
なんだけど、それが小路作品の最大の魅力。

紆余曲折ありながらも、最後はみんながおさまるところにきっちりおさまる。
読んでいてやっぱり安心できます。
なので当然読後感も良い。

あーナタネさんが素敵過ぎる!
ナタネさんとメイジの出会いもとても良かったと思います。
ナタネさんが主人公の作品が読みたい!

友情と愛情がたっぷり詰まった1冊です。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



14:56  |  小路幸也
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。