2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.01 (Tue)

空き家再生ツアー 岸本葉子

50歳は分別ざかり!?仕事はあるけど、未婚、ひとり暮らし。
ためらうこと、あきらめることも多いけど…。
そんな私たち、それぞれのこれから―。

内容(「BOOK」データベースより)



作者の岸本さんは人気エッセイストなんですね。
初めて読ませていただきました。

連作短編になっていて、主人公は40代、50代のシングルたち。
社会で一人で生きていくことのちょっとした苦労だったり、
あきらめだったりがある中、どの話も最後はほっと救われる
部分があって良かったと思います。

タイトルにもなっている「空き家再生ツアー」よりも、
それ以外の作品のほうが好みでした。

特に良かったのは「分別ざかり」と「多生の縁」。
ちょっと切なさも残ってしみじみ。

年をとるのって楽しいことばかりじゃないけど、
だからって辛い苦しいことばかりじゃないよね、って感じで
元気もらいました。


★★★★☆




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
22:32  |  か行その他

2011.02.25 (Fri)

見知らぬ人へ、おめでとう  木村紅美

「…あの、むかし、日比谷で、いっしょにコンサート観ませんでしたか?」
かつて一度だけ会ったことがあるふたりの女性の、十数年ぶりの再会…。
過去をふりかえりたいわけではない。
なつかしみたいわけでもない。
いまのままでいいとも思っていない。
だけど、あの頃となにが変わったの?
小さな願いをかかえて生きる、ふたりの女性の姿を追った表題作ほか、
「野いちごを煮る」「天使」の2篇を収録。
内容(「BOOK」データベースより)



この記事でも「気になる作家さん」と書いていた木村紅美さん。

何かが起こりそうで起こらない。
何にも変わってなさそうで実は変わっている。

この絶妙な感じがとってもウマイなーと思います。

人生そんなにしょっちゅう劇的変化があるわけじゃないけど、
少しずつ少しずつ人は変わっていく。
そこをちょっとだけ切り取った物語。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




16:42  |  木村紅美

2011.01.31 (Mon)

結婚相手は抽選で 垣谷美雨

少子化対策のため「抽選見合い結婚法」が施行されることになった。
この強制見合いに、アキバ系青年は万々歳、
田舎で母親と暮らす看護師は、チャンスとばかりにひとりで東京へ。
慌てて彼氏に結婚を迫るも、あっさりかわされるOLもいて…。
それぞれの見合い事情をコミカルかつ、
ハートウォーミングに描いた長編小説。
(内容紹介)



「抽選見合い結婚法が、来年四月一日より施行されることが決まった。
対象は、25歳から35歳までの男女で、前科や離婚歴がなく、
子供のいない独身者である。
相手が気に入らなければ3人までは断ることができるが、
やむを得ず3人断った場合は『テロ撲滅隊』に2年間従事しなければならない。


法律ができて喜ぶ者あり、焦る者あり、嘆く者あり・・・。
設定が面白く、最後まで楽しく読めました。
それぞれの恋愛模様も、時代を反映してるなーという感じ。
結婚や恋愛に対するそれぞれの考え方も面白い。

個人的には龍彦と奈々がいいコンビだと思うなー。
はじめは奈々いけ好かないんだけど、最後は強がりがかわいく見えてきて。


ありえない設定のようで、実は水面下でこんな法律できそうだったりして?
いやいや、嫌だけど、お見合いはしてみたいかも。

読みやすいしおススメです。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





21:28  |  か行その他

2010.12.22 (Wed)

砂漠の悪魔 近藤史恵

大学生の広太は小さな悪意から親友を死なせてしまう。
平凡な大学生活から一転、極寒の北京で日本人留学生の鵜野と出会い、
広大な中国西部を旅することに…。
終着地のウイグル自治区で、広太は生きる意味を見いだせるのか。
内容(「BOOK」データベースより)



読みやすいのと、続きが気になるのとで一気に読みました。
でも、これだけ登場人物の誰にも感情移入できない作品は珍しい。
広太にいたっては、嫌悪感しかなかった。

でも中国の広大な大地を西へ西へと移動していくロードノベルとしては面白い。
そこには違った世界が広がっていて、圧倒されます。


ラストは唐突過ぎてビックリしてたら終わっちゃった。
「悪魔」が想像していたものとは全く違っていて。
でもやっぱり私には自業自得としか思えませんでした。

嫌いではないんだけど、なんかモヤモヤするなー。

★★☆☆☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


23:16  |  近藤史恵

2010.12.07 (Tue)

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ 川畑のぶこ

◆「断捨離(だんしゃり)」とは?
家の中には、使わないモノ、どこかからもらってきたモノなどたくさんの
「ガラクタ」があります。
使わないモノを捨てて、本当に必要なモノだけに絞り込んでから、
不要なモノの流入を断つ。
モノを絞り込むことでストレスを取り除き、
毎日を快適に過ごすための考え方・ノウハウが「断捨離」です。

◆がんばって収納してあるのは、本当に必要なモノですか?
片づけても片づけても、片づかない……、
家中にモノが溢れている……、
いつもなんとなくイライラする・疲れている……、
――自覚せぬままに溜まったガラクタを捨てることで、そんな悩みを解決します。

「捨てれば、得られる」。
収納より大切なモノの捨て方・片づけ方、
そしてそれによって得られる暮らしや人生の変化を本書で体験してみませんか?

「断捨離」は、あなたの暮らしを豊かにする、
モノと心の「デトックス」法です。

(内容紹介)



巷でうわさ(?)の断捨離。
大変遅ればせながら、手を出してみました。

もっと”修行”みたいな堅苦しい感じなのかなと思っていたんだけど、
この本は結構ゆるめでわかりやすかったです。
「詰まり」を取り除けば、水は滞りなく流れていくっていうのが
なるほど納得でした。

大掃除のモチベーションをあげるために手に取った本だったけど、
そもそも「断捨離」と「掃除」は別物だったみたい。

まずはあのクローゼットから手をつけるか、とか、
あの着ない洋服捨てよう、などとイメージしやすくて
捨てたい欲求がフツフツと。
人間関係もすっきりっていうのもなんだか腑に落ちました。
要は自分に正直に生きるってことなんですね。

「捨て始めたらよいことが立て続けに」みたいなのは
ちょっと宗教っぽかったけど…。


さー、捨てましょう!

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

19:22  |  か行その他
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。