2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.08 (Sun)

おうちで楽しむ にほんのもてなし 広田千悦子

2006年発売で好評を博した「おうちで楽しむ にほんの行事」の続編がいよいよ登場です。
本書は「日本に伝わるもてなし」
――空間を飾るひと工夫から、さりげない振るまい、
楽しく過ごす遊びまで綴られた実用エッセイ。
家族や自分に、お客様や友人のために、季節のしつらい、庭の手入れ、
贈りものの包みかた、間のしきりかたなど、
気遣う気持ちや感謝のしかたやさりげないもてなしの数々が紹介されます。
気づいたときにできる、振るまい、嗜みなど日本に伝わるこころを伝えます。
(内容紹介)



先日読んだおうちで楽しむ にほんの行事の続編。

おもてなしという日本語の由来は、
「うらおもてのない気持ちで」という意味らしいです。
そんなおもてなしの心を伝える1冊。

こちらも堅苦しくなく簡単に生活に取り入れられるようなものばかり。
お客様を迎えるとき、または自分がお客として行くときはもちろん、
自分の家で快適に過ごすためのヒントがいっぱい。

「家族」
「室内」
「庭」
「来客」
「食事」
「装い」
「訪問」
「手紙」
「遊び」

さりげなくこんなおもてなしができたら素敵です。
日本人らしい心遣いってすばらしいな。
一家に一冊常備すべし?

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
19:25  |  は行その他

2010.08.02 (Mon)

おうちで楽しむ にほんの行事 広田千悦子

かつては毎日の暮らしに溶け込んでいた日本独特の行事やならわし。
 本書は、イラストでわかりやすく、「年中行事」の楽しみかたを紹介します。
「鏡開き」「ひなまつり」「お月見」などよく知るものから、「野点」「ビーチ
コーミング」「冬のユズ湯」、さらには「書き初め」や旬の食材の使いかたまで
季節を楽しむヒントが満載。
 昔ながらの行事、四季を無理なく自宅で簡単に楽しむための1冊です。
(出版社/著者からの内容紹介)



だいぶ前に本屋さんで見かけて、読みたいと思いつつもすっかり忘れていた1冊。

10代や20代半ばくらいまではあまり感じたことはなかったけど、
30代入ってから特に季節の行事や食べ物なんかに興味を持つように。
季節の行事をちゃんとやることって、実は贅沢なことだと思います。

見やすくてかわいらしいイラストがついているので、取り入れやすそう。
勝手に勘違いしていたこともあったりして、ドキっとするところも。
肩肘張らない楽しみ方がたくさん。

パラパラ眺めているだけでも発見があって、今年は○月には△△をしてみよう、
なんて考えるのも楽しいです。

シリーズで「おもてなし」や「ならわし」なんかもあるので、気になるところ。
 
★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


22:38  |  は行その他

2010.07.15 (Thu)

船に乗れ! (3) 藤谷治

各紙誌で話題沸騰&読者の反応も熱い青春音楽小説三部作。
津島と鮎川、伊藤…それぞれの心がぶつかり合い、再びふれ合う
―感涙の最終楽章。
(内容(「BOOK」データベースより))



これで終わりです。

怒涛の2巻で今後どうなるかと思ったけど、タイトルの意味がわかったり、
それぞれ違う人生を歩むことになったりと考えさせられるシーンが多かった。
やっぱり金窪先生の話が一番グッときます。
全体を通して一番好きだな。金窪先生が。(音楽は全然関係ないけど)

演奏シーンはやっぱりミニコンと最後の新生ホール。
躍動感と一体感がひしひしと伝わってきました。
音楽やってた人とかたまんないだろうなー。
私は中学のとき吹奏楽部だったので、その頃のことを思い出して
なんか楽器に触れたくなってしまいました。

青春音楽小説、高校生が読んでももちろんいいけど、
私は大人向きだなーと感じました。
最初はあんなにとっつきにくかった哲学の話も、
終わってしまうともっと読みたかったなーと思います。

いろんな要素が詰まった、全体的に濃い話でした。


★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





16:00  |  は行その他

2010.07.14 (Wed)

船に乗れ!(2) 独奏 藤谷治

続巻待望の青春音楽小説、「光と影」のさらに色濃い第2楽章へ。
内容(「BOOK」データベースより)



昨日に引き続き第二巻です。

1巻とはまたガラッと変わります。
サトルの短期留学があったり音楽の話ももちろんあるんだけど、
中盤からは苦しいほど理不尽に思える別離の話。

さわやか青春音楽小説だと思って油断してたら思いのほか深い話でビックリ。
自分の知らないところで進んでいってしまう出来事。
サトルの掻き毟りたくなるような感情が読んでいてすごく切なかった。
でも、金窪先生にしたことは許せないな。
金窪先生のシーン結構好きだったので残念。
最後の授業の迫力がすごかった。

痛みを知り、自暴自棄になったサトルはこれからどうなるんだろう。

3巻に続く!



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


16:07  |  は行その他

2010.07.13 (Tue)

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 藤谷治

音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、
チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。
不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、
そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイオリン専攻の南枝里子に恋をする。
夏休みのオーケストラ合宿、市民オケのエキストラとしての初舞台、
南とピアノの北島先生とのトリオ結成、文化祭、オーケストラ発表会と、
一年は慌しく過ぎていく。
書き下ろし、純度100パーセント超の青春2音楽小説。
(内容(「BOOK」データベースより))



評判がすごく高いので期待して待っていたシリーズ。
(予約待ち長かったなぁ)

はじめはちょっと難しすぎるかな?という印象でした。
専門用語もそうだし、哲学や思想もとっつきにくい。
おまけに鼻持ちならないサトルもかわいくない。

が!

芸高に落ちて新生学園に入学することになり、仲間と出会うところから
だんだんと面白くなってきます。
「合わせることの難しさ」。
ひとりよがりじゃだめなんだ。
だからこそ合ったときの爽快感が気持ちよかったです。

ピアノ・トリオの迫力も満点!
音楽に詳しくなくても興奮できます。
おじいさまのバッハの意味もじーんときてしまいました。

続いて2・3とあるので楽しみ。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

18:38  |  は行その他
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。