2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.16 (Wed)

イカと醤油 つぶやきシロー

「お父さんがきれいにしてくれたんでしょ、ありがとう」
「んっ、何のことだ、知らないな」
父は、すっとぼけた顔をしながら空を見上げて言った。
「脱皮したんだろう」「脱皮?」
「この前学会で発表があった。昆虫が脱皮するように自転車も脱皮するらしい」
息子は「ふーん」としか言いようがなかった。
つぶやきシロー、初小説。
内容(「BOOK」データベースより)



こんな父親やだ。
と読み始めは思いました。
だって典型的なダメ親父。不快ですらありました。
健太が不憫で不憫で。
でも読み進めていって、
なんか違う。
茂男…もしかしていい父親?
愛情表現が特殊すぎてわかりづらいけど、
茂男は茂男なりにちゃんと健太のことを思ってたんだなー。

ところどころにつぶやきシロー独特のシュールさがあって、
でもちゃんと感動もあって、
普通にいい本だと思います。
(ごめんなさい、全く期待してなかったから意外だった)


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
11:00  |  た行その他

2011.01.14 (Fri)

はれのち、ブーケ 瀧羽麻子

こたえを探している、すべてのひとに。

神戸・北野のチャペル。学生時代から10年の交際を経て、ひと組のカップルが結婚する。
当日集まったのは、かつてのゼミ仲間たちだった。
30歳――仕事、恋愛、結婚、出産……それぞれの人生を選び、歩んできた彼らが、
それでも悩み、焦り、迷いながらも見つける幸せの形、等身大の生き方とは。
結婚式の一日を舞台に、六人の男女それぞれの事情を健やかかつ繊細な筆致で描く。
結婚を夢見る人にも、仕事を頑張っている人にも、子育て中のお父さん、お母さんにも!
この小説の中に、あなたのこたえがきっと見つかるはず。期待の新鋭が贈る傑作長編です。
(内容紹介)



一組のカップルと彼らを取り巻く仲間たち。
同じ1日の中でいろんな想いが交錯していて面白かったです。
結婚したい人、結婚願望がない?人、すでに妻子がある人、夢を追う人。
みんな環境や考え方が見事にバラバラだから、このうちの誰かには共感できるはず!?

学生時代のあの頃のまま、とはいかないけど、
30歳になった今もいいもんじゃないかー。
人生の節目、新たな一歩です。

それぞれの話が、最後は「ほんのり」幸せって感じで
大げさじゃないところも良かったなー。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

22:44  |  た行その他

2010.08.04 (Wed)

代筆屋 辻仁成

何かを待つ、というのは大事なことだ。
待っているものが来ると信じているあいだは、不思議なほどに力が湧く。
手紙を待つ、という行為には生きる希望が潜んでいる。
手紙を書くことには力がいるが、手紙によって勇気が生まれる。
私はその力を信じてみたかった―。
手紙の代筆で人助けをする、売れない作家の日々。
人生観を変えるハートフルストーリー。
内容(「BOOK」データベースより)



メールをもらうのももちろんうれしいけど、ポストを覗いたときに
手紙が入っていたときの喜びはひとしおです。
そんな手紙にまつわるお話。

手紙を受け取る人のことを想像して書く「代筆」。
そこにはいろんな背景がある。
ラブレターもそれぞれ良かったんだけど、
私は「八十八歳の私より」が一番好きでした。
結婚して65年。

わたしはあなたに言いたい「ありがとう」と「ばかやろう」がたくさんあります。

年とったときに、こんな手紙を私も書けたらいいなー。

手紙ってうれしくて何度も読み返してしまいます。
だから自分が書くときも心をこめて書きたいものです。

さー、誰に手紙書こうかな。


★★★★☆




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



21:42  |  た行その他

2010.07.29 (Thu)

きままな娘 わがままな母 藤堂志津子

沙良37歳(独身・インテリアコーディネーター)vs.駒子62歳(主婦)。
自由に生きる娘の、一番の「支持者」である母は、実は、一番の「支配者」だった…!
二人暮しの母娘の日常を、シニカルな笑いで切り取った傑作連作短編、全6話。
内容(「BOOK」データベースより)



母と娘って面白いなー。
若い頃の自分を見ているようで、将来の自分を見るようで
ついつい小言も言いたくなっちゃう。
女同士ならではの対立心もある。
皮肉のひとつも言いながら、でもやっぱりいくつになっても母娘。

娘に干渉したりもするんだけど、基本的に駒子さんが憎めないキャラなのがいい!
たまに拗ねちゃったり、ホームシックになっちゃったりかわいいんです。
突然難聴になっちゃうところなんて(都合の悪いことをは聞こえないフリ)特に。

面白おかしく読めて、家族のあったかさもあって、
幸せな気持ちになれました。

★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

21:22  |  た行その他

2010.01.10 (Sun)

ピアニシモ 辻仁成

僕にはヒカルがいる。しかし、ヒカルは僕にしか見えない。
伝言ダイヤルで知り合ったサキ。でも、知っているのは彼女の声だけ。
あとは、冷たい視線と敵意にあふれた教室、崩壊寸前の家庭…。
行き場を見失い、都会のコンクリートジャングルを彷徨する孤独な少年の
心の荒廃と自立への闘い、そして成長―。
ブランク・ジェネレーションに捧げる新しい時代の青春文学。
第13回すばる文学賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)



転校を繰り返し、幼馴染も故郷もない透。
サイボーグのように働く父と、いつもメソメソ泣いている母。
孤独な僕は、いつもヒカルと一緒だった。

息が詰まるような閉塞感。
飛び込み自殺のシーンも、いじめのシーンも、ずーっと息苦しい。
でも終盤で何かが吹っ切れた透が暴れるようになると、
やっと息を吹き返せたような気がした。

これ辻さんのデビュー作なんですね。
伝言ダイヤルってところが時代を感じますが、これ当時にしては
結構衝撃だったのではないかと思います。
17年ぶりに出たという続編があるようなので、
そっちも読んでみたい。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



20:48  |  た行その他
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。