2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.19 (Sun)

オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎

元SEの伊藤はコンビニ強盗をし、あっけなく捕まった。
でもその捕まえた相手が悪かった。悪意の塊である城山だったのだ。
しかし、伊藤は気がつくと城山の手から逃れ、見知らぬ島にいた。
そこは日本であるにもかかわらず、外から遮断された島。荻島。
伊藤は轟という熊みたいな男に連れられて、この島にやってきたらしい。

日比野という男に島を案内された伊藤は、喋る案山子に出会う。
その案山子は「優午」といい、未来が分かるという。
伊藤が荻島にやってくることも、優午は100年以上前から知っていたというのだ。
喋る?案山子が?
不思議な島だ・・・。現代において、100年以上も外との交流がないなんてことは
ありえるのだろうか。

伊藤が荻島に来た次の日、その優午が何者かに殺された。
それまでに優午が伊藤に託していたものはなんだったのか。
この島に足りないものとは?


伊坂さんのデビュー作。
伊坂作品は順番に読んでいったほうが良さそうなので、こちらからチャレンジ。
なんとも不思議な物語でした。
これってミステリーなの?ファンタジー?
喋る案山子、鎖国みたいな島、でも現代。

島民はみんなどこか変わっているんだけど、私は一番桜が好きだったなー。
よくやった!!と言いたい!
まぁ、城山はもっといたぶられてもいいんじゃないかとも思うけど。
長い話っぽいのに、本当は伊藤が荻島についてから数日しかたってないんだよね。
はじめは出来事がバラバラすぎて全然わかんなかったんだけど、
最後にはしっくり?きました。
島に足りないもの、で静香の存在理由が明らかに。

全てはつながっている。

★★★★☆




ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
16:48  |  伊坂幸太郎

2009.07.03 (Fri)

グラスホッパー 伊坂幸太郎

鈴木は復讐したかった。
寺原の長男に妻を殺された鈴木は、寺原の会社「フロイライン」に潜り込んで
その時を待っていた。フロイラインはとんでもない会社だ。
そのとんでもない会社で、とんでもない仕事をしていたその時、
目の前で寺原の長男が車で轢き殺される。
どうやら何者かに後ろから押されたらしい。
一緒にいたフロイラインの社員に、押した奴の後をつけろと命ぜられた鈴木は、
その「押し屋」と呼ばれる殺し屋の後をつける。

寺原長男の事件から次々つながる殺し屋たち。
押し屋の「槿」、自殺屋の「鯨」、一家惨殺をも難なくやり遂げる「蝉」。
その中にただ一人放り込まれた素人の鈴木。
4人の追いかけっこ。


伊坂さんの作品ってなんとなくの読まず嫌いでまだ2冊目です。
何回か図書館で借りたのに、結局読めなくて返すこと数回。
やっと、やっと読破です。

鈴木、鯨、蝉、で各パートに分かれてて分かりやすかった。
殺し屋の話だからしょうがないんだけど、人が死にまくり!
自殺屋って怖い・・・。人は誰でも死にたがっているのかな・・・ほんとに。
鯨に殺されるのが一番嫌だけど、鯨が一番かっこいい気がしました。
槿もいいんだけどねー。
あの家族(偽だったけど)も良かったし。

でも嫌いじゃないんだけど、好きでもないんです・・・。
なんとなく「入れない」んです・・・。

伊坂さんの作品でオススメがあったら教えてください!

★★★☆☆


ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


20:47  |  伊坂幸太郎
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。